WiMAXとは?

WiMAXとは

スマートフォンやパソコンをインターネットに接続する方法として最も有名なものは「自宅に固定回線を引く」ということですが、WiMAXというサービスを使うことで自宅の外にいても問題なくネット環境を手に入れることができます。

 

また、大きな特徴として通信量に関する規制が携帯キャリアよりも圧倒的に緩いため、大手キャリアのスマホ増量プランや固定回線のフレッツ光などによりも合理的でお得なサービスだと言えるでしょう。

 

2020年を迎え、この不況な世の中でありながらも日本国内において利用者が3000万人を突破しており、今後はさらなるエリア拡大化と共に、より安定した高速通信サービスの充実が考えられます。いま現在WiMAXの利用を検討されている方は、試しに利用してみも損はないでしょう。

 

ただし、何事も例外があるように、WiMAXに関する前向きな口コミ・後ろ向きな口コミ双方とも存在しているのはハッキリとした事実です。WiMAXの契約前には必ず国内で利用されている方の口コミを自身の手で調査し、あくまでも総合的に検討した上で申し込みをするようにしてください。

WiMAXのレビューにおける代表的な意見まとめ

日々忙しい社会人のために、トップページにてWiMAXの利用に関するクチコミ・レビュー・評価のまとめを掲載しておきます。最悪、ここだけ見ればある程度WiMAXがどんなものか分かるかもしれません。

WiMAXに対する肯定的な意見の代表例

回線速度に満足している

主に電波拠点から距離の近い都心部でのWiMAX利用者は、比較的高評価なクチコミが多いです。WiMAXに用いられる電波は平らな土地においてはスピード・安定性ともに優秀であり、特に利用者が多い場所から優先的に電波拠点の数を増やしているということもあり、拠点近くの地上でよく利用する人には人気です。

すぐに利用できる・工事が要らない

固定回線を自宅に敷く場合には1か月以上の期間が掛かります。電話申し込み→工事の予約→光回線の工事→立ち合い→自身でのネット接続セットアップ といったように、安定した回線を得るための手間がとても多いです。さらに利用するプロバイダによってはインターネット回線が非常に重かったりするため、当たりハズレが大きいという最大のデメリットまでありました。
しかし、WiMAXであればそれらの心配が一切必要ありません。WiMAXプロバイダにて契約後、購入したWiFiルーターが送られてきたらそのままスマートフォンをネットに接続するだけでOKです。簡単な初期セットアップは誰でも気軽にできるようになっており、特に複雑なことをする必要がありません。
固定回線と比べると圧倒的に簡単に利用できるため、この点においてはWiMAXより勝るものはないでしょう。

地方でも十分に使える

WiMAXの利用を検討されている方の多くに、私の住んでいる地域でも大丈夫なのかと不安に考えている方が多いそうです。しかし、いざ使ってみると東京や大阪などといった経済的に盛んな都道府県でなくとも満足のいく回線速度でネット接続ができているという声はよく耳にします。
それもそのはず、人口カバー率だけで言えばすでに日本全国で99%に到達しているため、意外と様々な場所でネットに繋ぐことが可能です。

料金が比較的安い

契約するプロバイダにもよりますが、平均的に見た場合、WiMAXは固定回線やスマホの通信量増量プランよりもお得であることが多いです。3日間で10GBのプランであれば、月4,000円程度で契約することができ、また、制限オーバーとなってしまってもネット接続自体が遮断されるワケではないため、一般的なサイト観覧であれば何の影響もなく無制限に接続することも可能。コストパフォーマンスにおいてもかなり優秀なサービスだと言えます。

サポートが分かりやすい

もともとあまり複雑な構造ではないため、WiMAXにおいてはサポートの対応が好評である場合が多いです。ただし、プロバイダによっては電話の問い合わせ窓口の数が少なかったりするため、電話自体は繋がりにくいと思われている方もいます。

WiMAXに対する否定的な意見の代表例

回線が安定しない・遅い

肯定的な意見とは真逆ですが、WiMAX利用者には結構な割合で回線速度に満足していない人がいます。考えられる理由には複数の電波に関する問題があるからと言えるでしょう。

  • a.ビルが立ち並ぶ場所で満足のいく電波拠点数が確保されておらず、建物の奥地まで十分な電波が届いていない。
  • b.電波拠点のない地下鉄がある。
  • c.山が立ち並んでいたり、人口が極端に少ない箇所で使っている。

また、インターネット接続無制限という名目で売り出しているWiMAXにおいて、3日間で10GBの通信量を超えると規制が掛かるということを知らなかったユーザーも一定数いるようです。これに関しては、契約時に説明を受けているはずですが、規制時の1Mbpsという回線速度に不満の声が挙がっています。

3日で10GBは少ないと感じる

インターネットサイトの観覧においては十分過ぎるほどの通信容量ではありますが、1日中YouTubeで動画を見ていたりすると、あっという間に10GBを超えてしまうようです。そのため、休日に自宅でネットフリックスやアパゾンプライムを楽しみたいという方には注意が必要です。心配な人は、最近3日間で15GBまで規制無しというギガ放題プラスプランなども登場しているため、そちらの契約を検討した方が良いかもしれません。
また、YouTubeで動画を楽しむ場合には、必ず画質を下げて視聴するようにしましょう。高画質と標準画質では通信量にかなりの差が出てしまいます。

WiMAX関連サイト

サイト名(URL) 要約
UQ WiMAX(https://www.uqwimax.jp/wimax/) WiMAXサービスを提供している回線事業主。KDDIの子会社で複数のキャリア回線をレンタルし安価でインターネット接続環境を提供しているため、すでに利用者が3,000万人を突破。CMでもUFOやガチャピン、人気タレントなどを起用し話題性を呼んでいる。
Broad WiMAX(https://wimax-broad.jp/) WiMAXと言えば真っ先に名前が挙がる大手プロバイダ。どこのプロバイダを利用しても回線サービス自体は同じなため差がないが、このプロバイダがUQと提携している事業者の中で一番契約獲得者数が多いらしい。料金形態は良心的で比較的安い。
みんなのネット回線速度(https://minsoku.net/) 主に固定回線のプロバイダの良し悪しを判断するために用いられているクチコミサイト。しかし、WiMAXにおいても地域ごとに簡易的なクチコミが掲載され、その数はすでに数万件に及ぶ。参考になるもの、ならないものを取捨選択し活用したい。(自分が住んでいない地域のクチコミは参考にならないため)
価格.com(https://minsoku.net/) 昔から存在するあらゆる商品の評価サイト。大勢のユーザーがおり参考になる意見も多く、もちろんWiMAXにおいても多数のクチコミが掲載されている。WiMAXにおいては満足されている方が1000人以上いるらしいが、むしろ回線に不満を感じているケースも少なくないそうだ。
WiMAXおすすめ5.com(https://xn--wimax5-753eiea41b.com/) 企業系サイトではないがWiMAXに前向きな考えを持っている複数のライターが在籍し、個人の使用感を踏まえて基礎知識などを紹介しているサイト。クチコミよりもWiMAXに関する基本的な情報の方が多いが、どうせなら使用者に教わった方がすんなり頭に入ってくるため時々参考にしている。なおTOPページではWiMAXプロバイダの選び方について記載されている。

調査したクチコミについて

当サイトで調査したクチコミには複数の種類があり、1.インターネットに上に存在するWiMAX使用者の感想 2.独自に直接収集したWiMAXのレビュー 3.ネット上のWiMAX使用者のレビューを読んだ感想 の3パターンが主です。そのため、内容においてあらゆる責任を負いません。もしWiMAX利用前の検討材料として活用される場合は全て自己責任でお願いします。